多賀城跡あやめ園

平成25年06月27日

          あやめ草 足に結ばん 草鞋の緒
 これは、芭蕉が旅の無事にと「心あるもの」から草鞋を渡され、その感謝を込めた挨拶の句です。また、あやめの花言葉は「良き便り」「吉報」「あなたを大切にします」などで、昔から縁起の良い花であったと理解されます。

 本日杜の音のホーム行事は、そのあやめがまさに咲き頃ということで、多賀城まで出向きました。場所は多賀城跡あやめ園で、あやめまつりが6月24日から7月7日まで行われており、今回は3年ぶりの開催となっております。

20130627-1372330827.jpg 
場内に入ると出店が立ち並んでおります。
梅雨時ですが天気に恵まれました:hahaha:

20130627-1372332064.jpg
奥に進むと視界が開けてきます。こちらは西エリア。
初見だった入居者様と一緒に歩きながら、会場はここだけかな?
と思いきや・・・

20130627-1372332653.jpg
さらに奥には東エリアがあり、一面見事に咲き誇るあやめの群生が見られます。
20130627-1372333137.jpg
250~300万種、200万本以上のあやめと花菖蒲がまさに今満開です。

20130627-1372333785.jpg
日射しはもう夏です。清楚で美しい花々を眺めながら
しばしの休憩です。様々な話に皆様花を咲かせておりました。

一息ついたころにはもうお昼時。待ちに待った昼食です:heart:
20130627-1372336923.jpg
本日は「鳥善」に行きました。こちらのランチは御膳で、
皆様お好きな膳を選び、美味しいと口を揃え堪能されました。

20130627-1372341099.jpg
食後のデザートもつき、心ゆくまで満たされました:lol:
 
 さて、実は冒頭の俳句、「あやめ草足に結ばん草鞋の緒」は、「おくの細道」紀行中の6月24日、芭蕉が仙台から歌枕「壺碑(多賀城碑)」へ旅を進めようとした際に詠んだものだそうです。悠久の時を経て、今ここまで咲き誇るあやめの数々を見たら、芭蕉はどんな句を作っていたのでしょうか。



 
:arwright: 住宅型有料老人ホーム ギャラリー杜の音 公式ページ
:arwright: デザイン工房

Total464094 7days1334 Yesterday152 Today006 IP check in 30 min Since 2010-02-25